岡村国際法務事務所 >> トップページ           遺産相続 雇用主への国などからの助成金 外国人関係(帰化・永住・ビザ) 会社設立 年金相談
国際行政書士
岡村国際法務事務所
ご相談は無料です。
お気軽にご連絡下さい。
電話相談 電話相談 Eメール メール相談
042-689-4601
平日9時から18時まで
ここをクリック
24時間受付
◆トップページ ◆事務所・所長プロフィル ◆国際行政書士 ◆社会保険労務士 ◆ご相談・業務依頼 ◆sitemap
社会保険労務士
     
  岡村正人  
所長 岡村 正人
昭和54年中央大学法学部
一部法律学科卒
東京都社会保険労務士会所属
東京都行政書士会所属
国際行政書士協会会員
八王子商工会議所会員
 

■離婚協議書

●離婚協議書とは
 

離婚協議書とは、離婚の際にトラブルの原因となる養育費、 慰謝料、財産分与、親権等の問題についての取り決めを書面にしたものです。
口約束と違い、書面にまとめることによって、双方が安心感を得ることができます。

離婚後、慰謝料を請求をされたり、清算したはずの財産分与が蒸し返されたり、子どもとの面接交渉等で離婚時よりも関係が悪化してしまうことがあります。
そうならないためにも離婚の際にきちんとした書面で離婚協議書を作成しておく必要があります。

離婚協議書は養育費など相手方に支払いをさせる内容のものが多いですので、
強制執行認諾付公正証書すると安心です。

強制執行認諾付公正証書にすると養育費等の未払いがあった場合、裁判所の手続きを通さずに相手の財産に対して強制執行ができます。
高い訴訟費用も不要となります。

●離婚協議書作成前に決めること
   離婚協議書作成前に、話し合って決めておくべき事項はおおむね以下のようなものがあります。
 


@親権に関すること
  未成年の子どもがある場合、その一人ひとりについての親権者を決めます。

A養育費に関すること
  毎月いくら、どの口座に、いつ振り込むか、子どもの将来の進学や病気等によって発生する負担をどうす
  るかなどを決めておきます。

B財産分与に関すること
  婚姻中に夫婦で形成した不動産や預貯金などの財産をどのように分与するか
  を決めておきます。
※対象となる財産には何があるのかを充分把握しておく必要があります。「専業主婦の夫の厚生年金や退
  職金」、 「へそくり」なども分与すべき財産となり得ます。
  住宅ローンの残債等もマイナスの財産として分与すべきものとなります。

C慰謝料に関すること
  離婚の原因が一方にあるときの損害賠償金。

D面接交渉権に関すること
  親権者でないほうの親の子供との面会についての取り決め。




屋久島、屋久杉ランドの川

東京都社会保険労務士会 東京都行政書士会 国際行政書士協会      国際行政書士・社会保険労務士  岡村国際法務事務所
     〒192-0046  東京都八王子市明神町3-26-10  土屋ビル610号室
     TEL 042-689-4601  FAX 042-646-4649 E-mail solicitor@okamuraoffice.com
     東京都社会保険労務士会所属 登録番号 第13070255号  
     東京都行政書士会所属   登録番号 第07081610号       東京入国管理局認定 申請取次行政書士(東)行07第425号
     国際行政書士協会会員  第53号      八王子商工会議所会員
トップページ | 事務所・所長プロフィル | 国際行政書士  | 社会保険労務士  | ご相談・業務依頼 | sitemap
  Copyright(C) Okamuraoffice.com All rights is reserved.  
無料メール相談 国際行政書士 社会保険労務士 格安高品質ホームページ作成 雇用助成金 岡村国際法務事務所トップページ