日本滞在ビザ、入管で不許可になった案件

岡村国際法務事務所では、日本滞在ビザのうち、入国管理局に顧客自らが申請したが

不許可とされた案件を多数扱って、ほとんど成功し取得にいたっています。

何も手品のような手段を用いた訳では決してありません。

お客様と面会し、不許可になった書類などを見て、さらに顧客が真実でないことを言って

いないかを見極めて、「これなら再申請すれば、ほぼ確実」と経験に基づき確認し、引き受けて

きたからです。

不許可通知書に書かれてある理由は、「上陸のための条件に適合していません」などと極めて

簡単に記載されています。

なぜそうなったのか、顧客から具体的な理由を細かく面談で聞き、許可されるための

積極的な証拠(恋愛が事実に相違なく、経済的基盤も整っている、など)を集めて

再申請する。

これらを地道にコツコツ積み上げてきた結果にほかなりません。

不許可になったからといっても、当人たちにとっては一生の一大事です。

岡村国際法務事務所では、お客様の立場に可能な限り親身に寄り添い、願いを叶える

お手伝いを心がけています。

ぜひご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です