八王子、相続手続きや遺言書の作成

岡村国際法務事務所は、平成19年に京王八王子駅前の事務所を開業して以来、すでに10年近く。多くの相続手続きや遺言書の作成のお手伝いを行ってまいりました。

親の死の目前に、相続権のない身内の1人が「全部の遺産を自分に相続させる」という自筆遺言書を書かせたという事例や、中国に住む養子である中国人が「亡くなった母親は中国の父親と離婚して以来ずっと独身だった。だから、この上海にある私が住んでいるマンションは自分のものだ」と主張し、提訴しようとしていた事例など、ことおカネがからむと通常考えられないような主張をする身内に信じられないことをする事例などを多く見てきました。

被相続人が亡くなられた場合は、まず遺言書があるかないか?遺産はいくらあるのか?を真っ先に知ることが重要です。

ない遺産のことで親族で争うのは愚の骨頂。当たり前ですが。

さらに、ひたすら自分のものにしようと隠そうとする親族がいる場合の対応。法律知識がなければどうにもならない例が多くあります。

八王子の岡村国際法務事務所では、相続がそもそも争いにならないための被相続人による遺言公正証書の作成を勧め、多くの実績を残してきました。

争いになった場合は、弁護士や税理士などと提携し、可能な限りご依頼人の主張を正当に認めさせるように行ってきました。

中国や香港、フランス、アメリカなどにある遺産の整理(換金して日本に合法的に移転する)などという1年以上とかの時間がかかる仕事も一つずつ丁寧に行ってきました。

相続で心配する前に、まず京王八王子駅前にある岡村国際法務事務所にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です