■ 永住許可 申請 (当事務所成功率ほぼ100%)

■永住許可 申請

■ 永住許可の要件1

  1. 10年以上継続して日本に在留していること。
  2. 留学生が学業修了後に就労系の在留資格に変更した場合は、上記の10年以上の在留期間    のうち就労系の在留期間がおおむね5年以上あること。
  3. 日本人、永住者または特別永住者の配偶者は、婚姻後3年以上在留していること。
    海外で同居歴がある場合は、婚姻後3年経過し、かつ、日本に1年以上在留していればよ
    い。
    実子または特別養子については、日本に1年以上在留していること。
  4. 定住者は、定住許可後5年以上日本に在留していること。
  5. 現在、最長の在留期間(3年)が許可されていること。

■ 永住許可申請必要書類一覧

永住許可申請を行う場合、次のような書類を作成・収集して、提出する必要があります。

  1. 永住許可申請書
  2. 申請理由書
    法務大臣あての日本語の文章を作成します。
  3. 身分関係を証明する資料
    (例)

    日本人の配偶者 日本人の戸籍謄本
    日本人の子 日本人親の戸籍謄本、子の出生証明書又は認知届受理証明書
    日本人の養子 日本人親の戸籍謄本、子の本国の養子縁組許可書等
    永住者の配偶者及び子 本国の戸籍謄本、婚姻証明書、子の出生証明書
    定住者 戸籍謄本、出生証明書、婚姻証明書、認知届受理証明書等
  4. 申請人全員の外国人登録原票記載事項証明書と家族全員の外国人登録原票記載事項証明書又は住民票
  5. 申請人又は申請人を扶養する者の職業を証明する資料
    ・在職証明書
    ・法人の役員である場合は、法人登記簿謄本
    ・自営業者の場合は、確定申告の控(原本とコピー)又は取引先からの取引証明書
    ・許認可事業を営む場合は、許認可書(コピー)
  6. 申請人又は申請人を扶養する者の所得を証明する資料
    ・源泉徴収票
    ・自営業者の場合は確定申告書の控(原本とコピー)
  7. 納税証明書
    記載事項の省略のないもの
  8. 申請人又は申請人を扶養する者の資産を証明する資料
    ・預貯金等の残高証明書
    ・不動産登記簿謄本
  9. 身元保証に関する資料
    日本人又は永住者以外は身元保証人になれません。
    ・保証人の職業証明書
    ・保証人の最近1年間の所得証明書
    ・保証人の住民票又は外国人登録原票記載事項証明書
  10. 表彰状など(赤十字や社会福祉協議会などへの寄付金の感謝状を含む)
    学術・産業等の分野で日本への貢献があるとして認められたことがある場合に提出します。
  11. 住居の概要
    入国管理局所定の用紙があります。
  12. 親族の概要
    入国管理局所定の用紙があります。

■ 永住者、永住権取得のメリット

    1. 永住者には、在留資格の更新手続きがなくなる。
    2. 配偶者である日本人と離婚もしくは死別しても、在留資格に影響がない。
    3. 在留活動に制限がなくなり、職業を自由に選択できる。
    4. 不動産の購入や経済活動を行う際の社会的信用がある。
    5. 退去強制事由に該当した場合でも在留を特別に許可される可能性が高い。
    6. 国籍は従来のままである

岡村AMEBAブログ
岡村AMEBAブログ


屋久島、屋久杉ランドの川

岡村正人
所長 岡村 正人  
昭和54年中央大学法学部
一部法律学科卒
東京都社会保険労務士会所属
東京都行政書士会所属
国際行政書士協会会員
八王子商工会議所会員

岡村AMEBAブログ
中日新聞掲載
中日新聞掲載