■ 帰化 申請

 ■ 帰化とは

帰化とは、日本国籍を持たない人が、日本人になりたいと考え、日本国籍を取得することです。
ただ、日本の場合 原則として、国籍はひとつしか持つことができませんので、帰化をして日本国籍を所得した場合は現在の国籍を失うことになります。
帰化をするためには、その旨を法務大臣に申請し、許可を受けなければなりません。
帰化には、普通帰化・簡易帰化・大帰化という3種類に分かれていてそれぞれ要件が異なります。

 ■ 帰化申請

帰化申請とは、帰化をするための申請です。
帰化申請には提出しなければならない書類が非常に多く、事前に用意した書類だけで申請が完了
することもほとんどありません。法務局から追加書類を要請されることも度々です。
また、ご自身で帰化申請をするのは多大な時間と労力を費やしてしまいます。
専門家である国際行政書士・岡村国際法務事務所が帰化申請の代行を承ります。

 ■ 帰化申請の流れ

ここでは、帰化を申請してから、許可・不許可の結果が出るまでの流れをご説明します。 帰化申請を専門家に依頼し、必要書類を収集・作成するのに約1ヶ月、帰化を法務局に申請してから面接に至るまで約2~3ヶ月、面接から許可されるまでが約4~6ヶ月がかかります。 つまり、トータルで約1年程度はかかるということです。

住所地を管轄する法務局の国籍・戸籍課に相談に行く
↓↓
専門家に依頼する場合は、専門家に相談に行く
↓↓
必要書類の作成・収集
↓↓
法務局に申請
↓↓
法務局の担当官と面接
↓↓     ↓↓
許可    不許可
↓↓
官報に公示
↓↓
法務局から本人に通知
↓↓
帰化の手続き終了


 

岡村AMEBAブログ
岡村AMEBAブログ


屋久島、屋久杉ランドの川

岡村正人
所長 岡村 正人  
昭和54年中央大学法学部
一部法律学科卒
東京都社会保険労務士会所属
東京都行政書士会所属
国際行政書士協会会員
八王子商工会議所会員

岡村AMEBAブログ
中日新聞掲載
中日新聞掲載