■ クーリングオフ

 

 ●クーリングオフ 

クーリングオフとは、「頭を冷やしてもう一度考える期間を確保する」という意味の制度で,
法律で決められた取引で、決められた期間内であれば、消費者が一方的に書面によって撤回や契約
の解除ができるというものです。
クーリングオフは、業者の意思にかかわらず行使できますので、消費者にとっては非常に強力な規定
です。

 ●クーリングオフの効果

①支払った代金は全額返金され、違約金等も請求されません。
②商品等を受け取っている場合は、送料は販売会社の負担で引き取ってもらえます。

 ●クーリングオフの期間

①訪問販売、キャッチセールスアポイントメントセールス等、電話勧誘販売 、特定継続的役務
提供 エステ、家庭教師等 →  法定書面を受領した日から8日間

②連鎖販売取引、マルチ商法等 →  法定書面を受領した日から20日間

③業務提携誘引販売取引、在宅ワーク、内職商法等 →  法定書面を受領した日から20日間

 ●クーリングオフができないケース

・クーリングオフの期間を経過してしまっている場合
・3,000円未満の取引の場合
・消耗品を一部消費、使用した場合 (健康食品10袋購入し1袋使用した場合、残りの9袋はクー リング
オフができます。 あくまで使用した部分に関してクーリングオフが制限されるだけです)
・消費者自らが、セールスマンを呼び寄せた場合
・消費者自らがお店まで出向いて契約した場合
・通信販売やインターネットで商品を購入した場合
・語学教室、学習塾、家庭教師、パソコン教室、結婚相手紹介サービスの契約期間が2ヶ月以内(エス
テは1ヶ月以内の契約)、金額が5万円以下の場合(電話勧誘・訪問販売等の場合を除く)

※法的にクーリングオフができないケースでも、業者が自主的にクーリングオフ制度を設けていることも
あります。
また、エステ、語学学校、学習塾は特定商取引に関する法律において クーリングオフ期間
経過後でも解約料を支払い途中解約ができます。


屋久島、屋久杉ランドの川
岡村正人
所長 岡村 正人  
昭和54年中央大学法学部
一部法律学科卒
東京都社会保険労務士会所属
東京都行政書士会所属
国際行政書士協会会員
八王子商工会議所会員

岡村AMEBAブログ
中日新聞掲載
中日新聞掲載