■ 個人情報保護方針

岡村国際法務事務所は、お客様の個人情報の保護のため、以下のように取り扱います。
1
法令等の遵守
岡村国際法務事務所は、日本国における法令等に従った、適切な業務遂行を行います。
2
適正な取得、利用目的
お客様の情報の利用目的は受託契約書に明記し、取得と利用は、労働・社会保険諸法令に基づく事務所の業務遂行に必要とする最小限において使用し、必要とする場合以外は事務所外に持ち出したり口外しません。
3
公表、開示
お客様の情報を他の組織・団体に公表することはいたしません。お客様の指示がある場合、または労働・社会保険諸法令に基づく法律により必要とされる場合のみです。また、従業員様からの直接の開示請求については、事業主様を経由して回答することとします。
4
業務委託
岡村国際法務事務所が外部に業務を再委託することは原則としてありません。今後、外部に再委託する場合には、必ず当事務所の機密保持基準に従うこと、および基準遵守状況確認のための監査ができることを要求します。
5
第三者への情報提供
岡村国際法務事務所は、目的の如何を問わず、外部組織・団体との間で個人に関する情報を共有すること、及び第三者に提供することはいたしません。事務所外への業務委託のための利用に関しては、個人情報の処理、お客様へ製品・サービス、書面または情報等を提供するため、もしくは顧問法律事務所や会計事務所及び監査を行うために業務を外部業者等へ委託する場合、当事務所の厳正な管理下のもと、業務を行うのに必要最小限の範囲で、個人情報の預託、提供等させていただくことがございます。
以下は、現在の時点でお客様の個人情報を共有する可能性のある業務委託・業務提携先です。

(有)アシストライン(文書の運搬)
この会社とは、個人情報保護徹底のため厳しい機密保護契約をしています。

なお、お客様から購入・ご契約を頂いた商品・サービスを提供する目的以外で、お客様の個人情報を意図的に共有する事は一切ございません。 しかし、法令等に基づく、裁判所、行政機関、監督官庁その他公的機関から情報提供するよう求められた場合には、お客様情報を開示させていただきます。

6
廃棄処分
いただいた個人情報の法定保持期間を経過し廃棄するときは、クロスカットのシュレッダーを使用するか、専門の機密保護契約を結んだ外部業者に委託して行います。
7
インターネット上の管理
個人情報を取り扱うパソコンは充分必要なファイアーウオールおよびウイルスチェック機能を装備し、パソコン間や、保存サーバーは無線でなく有線を用いて外部への予期せぬ情報漏洩を防止します。また、顧問先とのメールによる個人情報の送受信は、可能な限りSSL通信などの暗号化された通信により個人情報の保護の万全を尽くします。
8
データのバックアップ 
パソコンやサーバーに保存されたデータは、二重、三重のバックアップを行い、万一のパソコンの障害や盗難などへの万全の備えを図ります。
9
連絡窓口の専任
お客様との連絡等はお客様が指定された貴社ご担当の方を通して行います。
10
問合せ窓口
上記に関するお問い合わせは以下にお願いします。

岡村国際法務事務所
国際行政書士・社会保険労務士
所長  岡村 正人

※個人情報とは、氏名、生年月日その他の記述等により直接または間接的に個人を特定することが可能な情報の全てを言います。


2006年12月ボストン、ハーバード大学

岡村正人
所長 岡村 正人  
昭和54年中央大学法学部
一部法律学科卒
東京都社会保険労務士会所属
東京都行政書士会所属
国際行政書士協会会員
八王子商工会議所会員

岡村AMEBAブログ
中日新聞掲載
中日新聞掲載