■ 遺産分割協議書

■ 遺産分割協議書とは

遺産分割協議書とは、遺産の分割について相続人同士で決定したことを文書にして残したものです。
遺言がない場合は、相続人間の話し合い(遺産分割協議)によって遺産を分割します。
この協議は法定相続人全員で行い、全員の合意がなければなりません。
全員の合意があれば、法定相続分でなくてもかまいません。
遺産分割協議が成立すれば、「遺産分割協議書」を作成することになります。

「遺産分割協議書」という名称で、「遺産をもれなく」書き、相続人全員の署名捺印を行い、相続人全員の印鑑証明書を添付します。

 

■ 遺産分割協議書作成のメリット

遺産分割を実行する際に不動産の所有権移転手続きや、銀行預金の名義変更手続きに協議の結果を証明する重要な書類です。
遺産分割協議書は、必ず作成しなくてはいけないわけではありませんが、 後日協議の内容等で紛争になった場合に備えて、作成しておくほうがよいでしょう。遺産分割協議書の作成や、相続人確定のための、複雑な戸籍謄本の収集や、 相続財産確定のための資料収集は専門家である行政書士にお任せください。
また、相続税の申告の際は、税務署に遺産分割協議書を提出しなければなりません。

 

 

岡村AMEBAブログ
岡村AMEBAブログ


屋久島、屋久杉ランドの川

岡村正人
所長 岡村 正人  
昭和54年中央大学法学部
一部法律学科卒
東京都社会保険労務士会所属
東京都行政書士会所属
国際行政書士協会会員
八王子商工会議所会員

岡村AMEBAブログ
中日新聞掲載
中日新聞掲載